フレンチブル トーマスの日記

トーマスと赤さんとベビ子が繰り広げる、おかしなおかしな毎日
<< 終わった そして 始まった | TOP | 近況 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
何から書こうか
久しぶり過ぎる更新・・・。
いったい何から書けばいいやら。


1月に赤さんとベビ子のいとこが増えた!
義弟ファミリーに男の子が誕生。
はるばる栃木まで誕生をお祝いに行ってきた。



赤さんもベビ子も、産まれたての小さな赤ちゃんを目の前に緊張気味(笑)。
何はともあれ、とっても嬉しい出来事でした。





それから1月29日。
晴れて赤さんが4歳を迎える日。
マイレージの有効期限がギリギリだったので、
そのマイレージを使いきるべく、みなとみらいのホテルへ1泊。
赤さんは自分の誕生日がちょっぴり豪華に過ごせて嬉しそうでした。







赤さんが、幼稚園で凧揚げのタコを作ってきた。
それを持って凧揚げ遠足にも行った。
歪んだ形のタコだけど、ちゃんと高く上がるらしい。
(糸がぜんぶ出きって、タコが上がりきることを『全開する』というそう)
遠足から帰って、意気揚々と「全開できたよ!」と教えてくれた赤さん。
楽しかったようなので、それからちょくちょく駒沢公園に凧揚げに行った。



一緒に連れて行かれるトーマスはちょっと迷惑そう。
トーマス「あのぅ、寒いんですけど」





3月になり、年少クラスも残りわずか。
愛着のある、この素敵な校舎ともお別れ。
(学年ごとに校舎が変わります)
いいクラスだったから、親同士も名残惜しい。








3月といえば恒例ネタの目黒川のお花見。
今年ももちろんトーマスも一緒に。
フレンチブルとたくさんすれ違いました。








そして4月。
忙しく過ぎた年少生活が終わって(年少のあいだに私は8キロ痩せた!忙し過ぎ!!)、
年中クラスに突入。
クラスも担任の先生も変わって、子どもたちにも動揺がみられます。

赤さんも少しは戸惑ったりするのかと思っていたら、
とにかく年中になれたことが嬉しくて嬉しくてたまらないらしい。
(その次に年長になれるのが今から待ち遠しいみたい)
年少の3学期ですら、私と離れられない朝もあったりしたのに、
年中になったとたん、園に入ると走って教室に消えていきます。
まあ、楽しいなら何より!



そしてそして、今年から待ちに待ったベビ子の2歳児クラスも始まった。
去年はこの2歳児クラスが待ち遠しかった!
早く身軽になって保護者会活動に没頭したいと思っていた。

なのに・・・、
2歳児クラスの初日、ベビ子は1滴の涙も流すことなく
あっさりと私とバイバイ。
私もホッとして、帰途についた。
待ちに待った、赤さんが産まれて以来の一人の時間!!
嬉しいはずなのに、園から一人で帰ることになんだか違和感を感じた。
何、この変な感じ。嬉しいはずなのに。
家に一人で戻って、静まり返った家に一人きり。
いつもは家のどこかでベビ子が遊んでるのに、見あたらない。
そしたら急に寂しくて寂しくて、涙がジャージャー出てきた。

まさか私が寂しいと泣くなんて。
あんなに待ちこがれた一人の時間だったのに。

でも、私が泣いたのは2日くらいで、
それ以降はたった2時間半しかない一人の時間に、
いかにして多くの家事がこなせるか、に夢中(笑)。
(ちなみにベビ子は泣いたこと無し。2人目って逞しい!)

ベビ子も2歳児クラスが週2回しかないことが物足りないらしい。
毎日行きたがる。
そうか。そんなに楽しいのか。いいことだ。
もし泣かれたりしたら後ろ髪引かれて別れがたいけど、
毎回張り切って教室に入っていくので、こちらも気楽。

ベビ子のお迎えに行って、ベビ子に気づかれないようにこっそり覗くと、
笑っちゃうくらい張り切ってガンガン仕切って遊んでいる。
それが、私を見つけたとたん、靴が履けないとぐずってみたり(本当は履けるのに)、
グダグダになっちゃう。
2時間半頑張った反動で、甘えたくなるらしい。
そんな時は、本当は履けると分かってるけど、
今だけは履けないことにして靴を履かせてあげる(笑)。



そして5月。
まだ保護者会活動が本格的に始動していないので、
役員を引き受けた忙しいママの下の子を預かったりして過ごしている。
これまたなかなかの重労働。
でもなぜか、楽しい。
子どもたちと一緒に私も成長できていたら嬉しい。



19:44 | - | comments(0) | -
スポンサーサイト
19:44 | - | - | -
コメント
コメントする